おかげ様で創業15周年
ラーメンでもない、つけ麺でもない。東京名物油そば|東京麺珍亭本舗|
  • 東京麺珍亭本舗とは?
  • 油そばとは?
  • ご利用ガイド
  • お取り寄せ
  • カートを見る
  • お問い合わせ
マイシュウナニカ
facebookgoogletwitter
油そばとは
油そばについて
油そばとは知る人ぞ知る東京名物です。

油そばの作り方


油そばは普通のラーメンなどとは調理法が異なります。
調理の際はご注意くださいませ。

油そば3食パック、6食パック共に油そばのレシピ用紙を同封しております。
同封してあるレシピには写真が掲載されておりませんので
こちらのページのレシピをチェックしておくとこをお勧めします。


POINT 1  大量のお湯でしっかり茹でる

 

油そばにかかわらず麺類を茹でるときは熱湯は常に新しいさらさらした状態がベストです。 したがって1玉や2玉の麺を入れたところで沸騰が収まらない程度の湯量が最適です。

お湯が少ないとすぐドロドロになり、水の分子が麺に浸透しにくくべたべたした腰も弾力もない麺にゆであがり しかも鍋底にくっつきます。

しかしながらお店ならともかく ご家庭ではなかなかそうはいきません。
麺1玉に対してできれば3リットル以上のお湯でゆでることをおすすめします。


POINT 2  油そばはすべて熱々のこと!

 

油は冷えれば粘りが出てきます。
逆に、熱するとさらさらした状態になってしまいます。
ご家庭で作るときはお湯でどんぶりを温め、ついでにたれも袋ごと入れて暖めておくとよいでしょう。

なお、電子レンジでタレを温めると破裂おそれがあります!!

必ずタレを温める際は湯に漬けて温めて下さい
また、ラーメンのようにタレはお湯で割ったりしないで下さい!


POINT 3  ネギは必需品です

 

油そばにネギは欠かせません。
ちなみにお店では右の写真のようにあらかじめネギも一緒にどんぶりに入れておきます。

ネギはあたためると甘みが増しいっそうおいしくなるのです。

ネギは油そば3食パック・6食パック共に同封されておりません。
ご家庭でご用意下さいませ。


POINT 4  トッピング

 

お好みに応じて4分を目安にゆで上げざるでしっかり湯切りしてどんぶりへ。

湯切りは絶対に水で冷やしたりしないで下さい!

トッピングにはメンマと焼豚ときざみ海苔。
いろいろ試してシンプルですが、これが一番!
焼豚は油そば3食パック・6食パック共に同封されておりません。
別途ご注文下さいませ。


POINT 5  油そばと酢・ラー油の魔法のコラボ

 

ラー油とお酢をグルグルかける。

このお酢とラー油は市販のものではなく油そば専用オリジナルの酢とラー油を使っています。
お酢を加えることで脂っこさを押さえたさっぱりした味になります。
油そばに同封されているタレに予め酢とラー油が配合されております。

酢とラー油を別途ご購入頂く必要はございませんが、酸味・辛みをもっと効かせたい方にはお勧めです!


POINT 6  とにかくかき混ぜる!

 

スープがないので、麺をあげて時間をおくと団子状態!になります。
そうなると麺の1部分のだけが、たれや油を吸収してきれいに混ざりません

美味しい油そばを食べたいならば、ムラなくしっかりとかき混ぜてください。

ちなみにラーメンにこれだけラー油をかけたら、おそらく辛くて大変です。
油そばの場合ラー油が油に溶け込むので意外と辛く感じないのです。


POINT 7  お好みで半熟玉子を

 

お好みで玉子を載せてもおいしいです♪
店では半熟玉子が人気です。
味がマイルドになるので、初めての方やお子さまには食べやすいかもしれません。